ギャラリー
アーティスト。
メインは「下地ワークス」制作。
サブ・ワークとして、
日本全国の漆職人の仕事を紹介中。
漆の素晴らしさを、
一人でも多くの人に、
伝えたいと思っています。
 
 
ホーム
ブログ「うるしが、いいね。」
小川マア「下地ワークス」
ぬりもの対談「うるしが、いいね。」
 
by Urushigaiine Project
 
 
ARCHIVES
工芸と迎商 わじま工迎参道

2016(H28)年8月22日(月)〜28日(日) 

8時30分〜17時00分

 

自然豊かな工芸の街・輪島。

「もっと輪島の街を楽しんでほしい!」

そんなことを想いながら創作している輪島の四工房が初めて、

「わじま工迎参道」という展示販売企画を開催いたします。 

「工迎」とは、工芸と迎商を組み合わせた造語です。

輪島大祭を中心にした1週間、

輪島・能登の方々をはじめ、街にお迎えしたお客様、

帰省の皆様に楽しんでいただければと思います。 

 

●企画内容のご紹介 

輪島朝市通りにある上塗師、塗師屋、木と漆の創作工房、

カフェ&ギャラリーの四工房が、 

普段は展示していない古い漆器関係資料、特別な時代椀、

珍しい商品、新商品などをご紹介しながら、

輪島や能登の創り手など10名の作品も展示販売いたします。 

 

▶ La Quarta ラ クアルタ

吉田漆器工房は先人の編み出した上塗の技術を軸に、

企画、デザイン、直売までを一貫しておこなっています。

朝市 La Quartaは暮らしに寄り添ったうるしの形を

お手に取っていただけるギャラリーです。

石川県輪島市河井町1-91/Tel:080-8696-0815

 

▶ 小西庄五郎漆器店

朝市で江戸中期創業の塗師屋です。

塗師屋の商いや塗りの道具、生活などうかがえる

昔の資料をこの期間だけ特別展示します。

店内で漆パネルに本物の沈金刀と金粉を使った体験ができます。

(1人1500円/所要時間約30分〜)

石川県輪島市河井町1-148-1/Tel:0768-22-1052

 

▶ 輪島キリモト・本町店

江戸時代後期から七代に渡り、

木と漆の仕事に携わっています。

暮らしで使うための木製品や漆器などを創作しています。

デザインから木地、漆塗りまで一貫して手がけた

軽くて丈夫な家具などを展示いたします。

石川県輪島市河井町1-172/Tel:0768-22-7494

 

▶ KALPA

カフェとギャラリーを併設しています。

私は塗師屋の五代目ですが、KALPAでは輪島塗だけでなく、

ガラスや陶磁器などの工芸品も扱っています。

今回は山田睦美さんの珠洲焼のほか、

大正時代のお椀のコレクションも展示します。

石川県輪島市河井町2-72-1/Tel:0768-22-0036

 

http://kirimoto.net/honmachi.html

 

| - | 23:45 | - | - |
暑中お見舞い申し上げます。

今年も半分以上過ぎてしまいましたが、

今はちょうど漆の木を掻く作業の真っただ中です。

各地の漆掻きのみなさんからお知らせが届いています。

作り手の方々は、秋からの展示会に向けて作業中。

「夏休みはなさそうです」との声も各地から聞こえてきますが、

その成果を見せていただけることはとても楽しみですね。

漆に関することなら、ぜひご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

 

「うるしが、いいね。」プロジェクト

| - | 13:20 | - | - |
余門晴彦展 その3

余門晴彦@漆宝堂_20160722Fri.

 

2016(H28)年7月22日(金)・23日(土)

11時〜13時30分

14時〜16時30分

会費2000円

会場:懐石・龍雲庵

   東京都新宿区新宿1−18−3

   ル−ツビル

   TEL.03−3354−1777

申込:漆宝堂

   TEL.0120−4810−55

   TEL.048−622−2725

| - | 23:55 | - | - |
木漆工とけし「くらしの器展」

2016(H28)年7月15日(金)〜23日(土)

10時〜18時

休廊日 7月21日(木)

 

素材に人の手を入れることの意味や

それぞれの役割を考えていくうちに、

木も漆も元の姿が想像できる、

どちらかというと素朴な仕事が増えてきました。

木地は木を削る際の勢いが僅かに残るところで手を離し、

その木肌を守ることを目的に漆を何度か塗り重ね、

木目が残るように仕上げる。

目新しくはありませんが、

長く普通に使える器だと思っています。

お店で実際にご覧いただけますと幸いです。

 

木漆工とけし 渡慶次 弘幸・愛

 

漆ギャラリー舎林

〒545−0052

大阪市阿倍野区阿倍野筋2−4−41

TEL.06−6624−2531

FAX.06−6624−2531

http://u-syarin.blogspot.jp

 

| - | 13:40 | - | - |
漆琳堂 直営店

開店のお知らせ

 

7月16日(土)、本社工房の地に、

新しくショップ・ショールームをオープンします。

江戸時代から八代続く漆琳堂の仕事の数々を、

実際にご覧いただけるスペースです。

漆とお椀の文化を発信し、体験し、

交流できるお店を目指します。

 

〒916−1221

福井県鯖江市西袋町701

TEL.0778−65−0630

 

www.shitsurindo.com

 

| - | 23:40 | - | - |
秋田杉 × 漆『繋ぎ箱』デビュー展

【後期】

2016(H28)年7月15日(金)〜30日(土)

金曜・土曜のみ

12時〜18時

 

柴田昌正(秋田県大館) 秋田杉の木地

須藤賢一(青森県弘前) 紗蒔(しゃじ)塗

内田徹 (福井県鯖江) 透溜(すきだめ)塗

 

スペースたかもり

〒112−0002

東京都文京区小石川5−3−15−302

お菓子調進所・一幸庵 3階

TEL.03−3817−0654

 

| - | 22:55 | - | - |
湘南の漆展 3

湘南の漆展 3@ギャラリー江_20160713Wed._3

 

2016(H28)年7月13日(水)〜29日(金)

11時〜19時

 

伏見眞樹 佐藤智洋 伏見晴日

堀田洋二 横田朋子

 

「真夏のうるし」をお届けする

湘南に縁のあるグループ展も3回目。

冷たいデザートに似合う漆の匙、

貝や真珠に漆を施した涼しげな

アクセサリーなどをご高覧ください。

 

ギャラリー江

〒104−0061

東京都中央区銀座4−13−15

成和銀座ビル2F

TEL.FAX.03−3543−0525

 

| - | 23:10 | - | - |
菱田賢治 陶と漆

菱田賢治@黒田陶苑_20160709Sat.

 

2016(H28)年7月9日(土)〜14日(木)

11日(月)休廊

11時〜19時

 

黒田陶苑

〒104−0061

東京都中央区銀座7−8−6

Tel.03−3571−3223

Fax.03−3571−2577

http://www.kurodatouen.com

 

| - | 23:10 | - | - |
絶滅危惧種(漆文化)三人展

絶滅危惧種(漆文化)三人展@倉敷_20160624

 

屋中健洋・高月国光・仁城逸景 

 

2016(H28)年6月24日(金)〜30日(木)

11時〜日没

 

サロン・ド・ヴァンホ− 

〒710−0004

倉敷市西坂1088

TEL.086−462−5133

 

| - | 23:51 | - | - |
秋田杉 × 漆『繋ぎ箱』デビュー展

【前期】

2016(H28)年6月23日(木)〜7月2日(土)

日曜&月曜休み

11時〜18時

 

柴田昌正(秋田県大館) 秋田杉の木地

須藤賢一(青森県弘前) 紗蒔塗

内田徹 (福井県鯖江) 透溜塗

 

スペースたかもり

〒112−0002

東京都文京区小石川5−3−15−302

お菓子調進所・一幸庵 3階

TEL.03−3817−0654

 

| - | 23:15 | - | - |
| 1/94PAGES | >>