ギャラリー
アーティスト。
メインは「下地ワークス」制作。
サブ・ワークとして、
日本全国の漆職人の仕事を紹介中。
漆の素晴らしさを、
一人でも多くの人に、
伝えたいと思っています。
 
 
ホーム
ブログ「うるしが、いいね。」
小川マア「下地ワークス」
ぬりもの対談「うるしが、いいね。」
 
by Urushigaiine Project
 
 
ARCHIVES
<< 湘南の漆展 4 | main | 杉田明彦・吉田直嗣・竹俣勇壱 展 >>
日々の生活−気づきのしるし

Everyday Life – Signs of Awareness

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展

2017(H29)年8月5日(土)〜11月5日(日)

10時00分〜18時00分(金・土曜日は20時00分まで)

デンマークと日本は、それぞれの歴史や文化を背景に、

ときに影響し合いながら発展してきました。

特に、機能と実用性に加え、美しい意匠をまとった優れたデザインは、

両国の文化的アイデンティティと美意識を示すものとして、

極めて高い評価が与えられています。

デンマークは、建築、家具、生活用品をはじめ、福祉、教育、交通網など、

国のグランド・デザインも含めた優れたモデルを構築して、

屈指のデザイン大国として世界の人々の強い関心を集めてきました。

一方の日本は固有の文化・思想に基づき、時代の象徴となるデザインを創造し、

小型でシンプルな形を可能にした技術力、素材の特徴を

最大限に引き出す伝統の技とその継承によって、

デザインの分野でも独自の価値を提案し続けています。

本展では、日本とデンマークのデザイナー、建築家、アーティストによる、

日常を豊かにする気づきの「現れ」を紹介し、

デザインを通して両国の現代の暮らしに見るモノとコトについて考察します。

金沢21世紀美術館

https://www.kanazawa21.jp

 

| - | 14:20 | - | - |